就職と資格

 就職を決める際に資格があると有利になります。資格
には国家資格、公的資格、民間資格があり、難易度もさ
まざまですが、簡単なものであっても、資格取得に努力
しているというところで人物評価をする企業もあるよう
です。

IT系では国家資格である情報処理技術者検定、
Microsoft者が主催するMOS、MCP、NPO法人インタ
ーネット実務検定協会が主催するインターネット実務検
定試験などが代表的です。

医療系では女性に人気の高い医療事務やホームヘルパー
が比較的簡単に取得できるようです。

また、現在欧米では認知されているが日本では不足して
いる、精神保健福祉士(PSW)は医療系に転職したいと考
えている方には、将来性、資格取得までの期間を考えた
場合断然オススメの資格です。

法律系のスペシャリストとして活躍したいのであれば、
行政書士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険
労務士などの国家資格を取得すると良いでしょう。

難易度の高い資格は独学では難しいので学校に通うのが
良いですが、時間の無い方のための通信教育、また、
最近ではインターネット講座というものも普及している
ので仕事をしながら資格取得の勉強をしている人も多い
ようです。

posted by さーさん at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職と資格
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36340248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。